oriente(オリエンテ)の製造過程

oriente(オリエンテ)の弦楽器の製造の流れです。
全てがこの流れではありませんが、全て、熟練した専門の職人による手作り弦楽器です。
一つひとつ心を込めて、お作りしております。

材料(楓)

材料(楓)

材料の楓です。
5,6年、寝かせてから使用します。

やじるし
木取り

木取り

まずは、大まかな大きさにカットして使いやすいサイズに調整します。

やじるし
NC機にて加工

NC機にて加工

NC機で、大まかな厚みを作り、作業しやすい大きさにします。

やじるし
表板けずり

表板けずり

表面をけずり、コントラバスのカタチに仕上げていきます

>

やじるし
ボディの組み立て

ボディの組み立て

ライニングを貼付けます。

やじるし
ネックスクロール部分の加工

ネックスクロール部分の加工

ネックスクロール部分を型どっていきます。
全て手彫で、ネックスクロール部をつくっていきます。

やじるし
ネックの取り付け

ネックの取り付け

ボディのブロックをネックが入るように調整します。

ネックの取り付け

ネックの角度を確認。

やじるし
塗装の状況1

塗装の状況1

ボディ部分を塗装し艶を出していきます。

やじるし
塗装の状況2

塗装の状況2

引き続き、ネックスクロール部分も塗装していき、艶を出します。

やじるし
完成

完成

出来上がりです。
全工程が完了するまでとても時間が掛かります。

お取り扱い商品
プロ御用達の逸品から、お手軽な価格のものまで、バリエーション豊富に構成しております。オーダーメイドも対応いたします。
コントラバス
ビオラダガンバ・チェロ
カスタムメイド
コントラバス弦ショップ
oriente(オリエンテ)とは
oriente(オリエンテ)の製造過程
コントラバスの修理・調整について